睡眠改善薬かサプリメントどちらをとる?

どちらを選ぶか決めかねる

「寝付けない日々が続いている」「睡眠薬を試すのはまだ早い気がする」と、眠れない状態を改善したいけど、薬を飲むのは抵抗がある方におすすめします。
睡眠をサポートする睡眠改善薬やサプリメントを使って、質のいい睡眠を目指しましょう!

効き方には個人差がありますが、服用をしたらぐっすり眠れるようになったという声もあり大いに期待できます。

●自然な眠りをサポート

ドリエルはナチュラルな眠気を促す働きがあり、睡眠改善薬に該当します。一時的な寝つきの悪さや眠りの浅さなどを解消してくれます。
「眠るまでに時間がかかる」という人にはピッタリ。

服用方法は1日1回2錠で、就寝前の30分前に使用しましょう。
途中で起きてしまったからと追加で飲もうとする人がいますが、効果が強くなるわけではないので用法用量はきちんと守りましょう。

寝酒と共に服用も要注意。お酒は睡眠の質を下げる可能性があるためドリエルを使用する夜はお酒を控えましょう。

●アミノ酸パワーで改善

グリナはグリシンを配合しているサプリメントとして注目を集めており、眠った後の満足感が得られない人に適した人気の商品。

グリシンとはアミノ酸の一種で、エビやホタテなどに多く含まれていますが人間の身体でも生成可能な成分。
体温を下げて寝付きやすいようにしてくれる働きをしてくれます。
気分を落ち着かせるリラックス効果もあるので、目が冴えている状態を改善へと導いてくれます。

1日1包を就寝前に服用し、いつでも眠れる体制をとっておきましょう。
もともと人体にも備わっているアミノ酸なので毎日飲み続けても依存性の心配はありません。
しかしサプリメントだらといって過剰摂取しても効果は変わらないので、服用方法はきちんと守りましょう。