「睡眠薬=怖い」は本当?

深く考えている若い人

睡眠は心と身体の健康に重要なものですが、日本人の約5人に1人が睡眠に対する悩みを抱えていると言われています。

不眠症には睡眠薬を用いた治療が一般的ですが、日本では「睡眠薬は怖い」という印象を持つ方が多くいます。

睡眠薬が危ないイメージを持つ理由と安全に使用する方法を見ていきましょう。

睡眠薬に危険なイメージを持つ理由

睡眠薬、ステロイド剤、抗がん剤の3つは患者が嫌がる薬トップスリーだと言われています。
厚生労働省が行なった調査により、睡眠薬には「やめられなくなる」「禁断症状が出る」「だんだん効かなくなって用量が増えていく」「飲み過ぎると死ぬ」といったイメージがあげられているほど。睡眠薬に悪い印象を持つ方は多いものです。

従来の睡眠薬には依存性や副作用の強いものがあったことから、ネガティブイメージが浸透していると考えられます。
ドラマや映画で自殺に睡眠薬が使われることがあり、飲み過ぎると死ぬと思っている方も多いようです…。
今の睡眠薬は飲み過ぎて死に至ることはありませんが、多量摂取はどの薬でも危険。

現在では睡眠薬の研究が重ねられ、依存度が低く副作用の少ないものが推奨されているため、比較的安全に服用ができます。

正しい服用と購入を

睡眠薬は用量・用法をきちんと守って服用すれば、不眠症の改善に役立つ安全な薬です。

睡眠薬は市販で販売されてないため、病院で処方してもらうか海外医薬品の通販を利用する2つの購入方法があります。

睡眠薬はネットやクラブで個人が販売しているケースもありますが、これは法律違反です。偽造薬を買う危険性もあるので、信用できる販売元から購入しましょう。
通販で購入する際は、大手サイトを利用すると安心です。

危険なイメージを持たれる睡眠薬ですが、現在のものは安全性が高いため安心して服用できます。服用方法と販売元には注意して、不眠治療を行ないましょう。