睡眠薬と睡眠導入剤はどう違う?

さまざまな視点

「睡眠薬と睡眠導入剤って何が違うの?」と疑問に思いませんか?

睡眠導入剤は睡眠薬の一種で、名前の通り睡眠導入の作用に特化した薬のことです。

睡眠問題を改善する薬には、医師の処方が必要な睡眠薬(睡眠導入剤)と、市販で購入可能な睡眠改善薬があります。
薬の違いを知り、自分に合った睡眠薬を見つけることが良質な眠りへの第一歩です。

睡眠薬は医療用医薬品

医療用医薬品は、病院で処方してもらう薬。効果が高い反面、依存や耐性、副作用のリスクが高いため医師の管理が必要なのです。

睡眠薬は効き目の持続時間、効果が出るまでの時間などで4種類に分類されます。

①超短時間作用型
②短時間作用型
③中時間作用型
④長時間作用型

「眠りにつくまでに時間がかかる」→即効性のある超短時間作用型
「夜中にしょっちゅう目覚めてしまう」→深い眠りを支える中・長時間作用型

悩みに合わせて、あなたに最適な薬が選べます。

睡眠薬の中でも、作用時間が短いものが睡眠導入剤。
睡眠導入剤は神経の興奮を抑えて眠りにつくのを助けてくれるため、「なかなか眠りにつけない」という入眠障害の方にピッタリ。
効いている時間が短いためスッキリ目覚められる特徴があります。

睡眠改善薬と睡眠薬の違い

睡眠改善薬とは、店頭で購入可能な一般用医薬品。

病院に行く手間と時間が省けるので便利ですよね。

効き目が穏やかで自然な眠気を引き起こすため、「睡眠薬にはちょっと抵抗がある」という方でも気楽にトライできます。

睡眠改善薬は、繰り返し何度も服用すると効果が薄れてしまうもの。
あくまでも短期的な不眠症に使用しましょう。

一言に睡眠薬と言っても効き目や入手方法もさまざま。目的や症状に合わせた薬選びで快適な睡眠を手に入れましょう。