眠れない夜が続いたら…

眠れない男の人

大事な試験やプレゼンの前日に緊張して眠れないようなことは、誰もが1度は経験がありますよね。
しかし、1ヶ月近く続く不眠症状で日常生活に支障が出る場合は不眠症を疑いましょう。

「目覚ましより早く起きてしまう」「夜中にしょっちゅう目が覚める」といった症状も不眠症の1つです。
不眠症について知り、早めの治療で睡眠の質を高めましょう。

もしかして不眠症?

そもそも不眠症って何?と、疑問を持っている方は多いかと思います。
不眠症とは睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中の眠気やダルさ、注意力の低下、食欲減少といった悪影響を及ぼす病気です。

不眠症には4つのタイプがあります。
【入眠障害】眠りにつくまでに1時間近く時間がかかる
【中途覚醒】睡眠中にたびたび目が覚める
【早朝覚醒】起床予定の時間より2時間ほど前に目覚めてその後眠れなくなる
【熟眠障害】睡眠時間は十分なのにぐっすり眠れた満足感がない

このようなことが何ヶ月も続くと不眠症と言えます。
睡眠不足は体調不良や病気の原因に繋がるもの。
まずは自分で不眠症という自覚を持つことが大切です。

早めの自覚と治療開始を

不眠症の改善法には、自分でできる簡単なものから薬の服用まで幅広くあります。

・毎日ウォーキングやストレッチなどの軽い運動をする
・晩ご飯は早めに済ませる
・寝る前にスマホは触らない
・寝室はテレビを消して暗くする
・温かい飲み物を飲む
・音楽を聴いたり本を読んだりリラックスできる方法を見つける

そこまでひどくはない軽い不眠症状なら、生活習慣の見直しやちょっとした工夫で改善のカギ。

長期間続く場合や努力で改善されない時は、病院を受診して治療を受けましょう。
精神科や心療内科へ足を運ぶことにハードルの高さを感じる場合には、通販での購入も可能です。
処方薬として広く用いられているルネスタのジェネリック医薬品がネットで買えるので、通院に抵抗がある人は活用してみては。

いつまでも健康でいるには睡眠が大切!不眠症に気づいて、少しでも早く治療を開始しましょう!